このセクションは定期的に更新され、現在の問題点や最新の開発状況を含んでいます。
質問があればここをチェックしてください。

ステップ1:カメラのファームウェアが最新であるかどうかを確認します。
1) アプリをインストールし、製品の箱に入っているクイックガイドに従って、カメラをアプリに追加する

2)WIWACAMアプリを開く→カメラの設定→カメラのアップデート(オプションリストの最後)→カメラに新しいファームウェアがポップアップしますので、アップデートを完了するために進んでください(新しいファームウェアがポップアップしない場合は、カメラにファームウェアのアップデートを追加するために、カスタマーサービス(service.jp@wiwacam.com)に連絡してください、メールタイトル WiFiなしで録画する)

ステップ2:アプリでカメラの録画開始を設定します。
WIWACAMアプリを開く→カメラの設定→ビデオの設定→マニュアルビデオ(=長時間録画)にチェックを入れ、ビデオをONにする(下のスクリーンショット参照)。
WiFiが使えるかどうかに関わらず、カメラの電源を入れるとすぐに録画を開始するようになりました。

 

対応するビデオの探し方とダウンロード方法

方法1:SDカードを取り出して、直接コピーする。

方法2:アプリでダウンロード(推奨)
1) カメラをWiFiに接続するか、カメラをAPモードにして、カメラが自らWiFiを発信するようにします。
2) カメラと同じWiFiにスマホを接続するか、カメラがAPモードの場合は、カメラが発するWiFiにスマホを接続する(「WIR-」で始まるWiFi名が、カメラが発するWiFiです)。
3)WIWACAMアプリを開く→カメラがオンラインになっているはず→再生→リストの閲覧、動画の視聴、動画のダウンロードが可能です。
注:WiFiなしのカメラで録画したものは、2020年1月1日の日付が表示されます。再生」→「カスタマイズ」→「開始時刻を2020年1月1日、終了時刻を2020年1月31日に設定」→「検索」で、WiFiを使わずにカメラで録画したものを一覧表示してください。

Windows用ツールのダウンロード
https://wiwacam.com/AVX2MP4JPV1.zip

AVXファイルがPCにコピーされていることを確認してください。
Windowsでこのツールを実行します -> AVXファイルを含むフォルダを選択します -> Startボタンをクリックします -> ツールは各AVXファイルをmp4ファイルに変換します。

はい。 MW3のカメラにはマイクが搭載されています。 マイクはカメラボディに内蔵されています。

まず、カメラのステータスLEDを確認してください。
カメラの状態は、ステータスLEDで確認できます。
MW3ステータスLED

1. ライトが点灯しない
カメラの電源が入っていません。 カメラが電源ユニット、モバイルバンク、ACアダプターなどの主電源に接続されていることを確認してください。
MW3の電源スイッチがONになっていることを確認してください。

2. steady red
Ste
ady redは、WiFiネットワークにアクセスできないか、WiFi信号が弱すぎることを意味します。 カメラをWiFiルーターに近づける。

3.赤の点滅
赤の
点滅は、WiFiのパスワードが正しくないことを意味します。 
この場合、カメラをリセットして、正しいWiFi情報で設定し直す必要があります。

カメラのリセット方法は、こちらのリンクからご確認いただけます。  
再度カメラをセットアップする方法は、こちらのビデオチュートリアルでご紹介しています:  MW3設定ビデオガイド 

4. 赤と青の点滅
赤と青の点滅は、カメラがまだ 工場出荷時の設定、またはカメラがリセットされて リセットされた場合や、カメラが 工場出荷時の設定です。 カメラは ユーザーがカメラをセットアップするのを待つ。
このビデオチュートリアルを見て、カメラを完全にセットアップしてください:  
MW3設定ビデオガイド

 

カメラが動作しているときは、カメラ本体が熱くなるのが普通です。
カメラには、ビデオチップとWiFiチップセットが搭載されています。 これらのチップセットが動作すると、熱が発生します。 熱は、次のようになります。 は、プラスチックの表面を介して分散されています。 カメラを触ると温かく感じるのはそのためです。 これは正常なことで、温度はコントロールされています。

また、このカメラは高温試験を実施しており、周囲の温度が55℃以下であれば動作することができます。

カメラの録画には、必ずしもインターネットが必要ではありません。
以下の点を確認してください。
– カメラの電源を入れてから少なくとも数秒間はインターネットに接続されています。
– カメラの電源が切れていなければ、電源が切れるか再起動するまでずっと録画し続けることができると思います。

MW3カメラは、3種類の電源に対応しています。 その一つが小さなバッテリーです。
詳細は以下の通りです。

1. メインスアダプタ
MW3は、標準的なUSBメインスアダプタに対応しています。

2.モバイルパワーバンク
MW3は、モバイルパワーバンクをUSBインターフェイスに接続して電力を供給することをサポートしています。
10,000 mAhのモバイルパワーバンクは、MW3を最大24時間サポートします。 (正確な動作時間は、機種やモバイルパワーバンクの性能によって異なります)。)

3. バッテリーパック
MW3には、バッテリーパック用のコネクターが装備されています。 3.7Vの充電池に対応しています。
3.7V、2-PINコネクターのバッテリーパックは、100mAh、800mAh、2000mAhとバッテリー容量の異なるものがAmazonで販売されていました。
容量が大きいほど、バッテリーパックも大きくなります。
500mAhや800mAhは、サイズと容量のバランスが取れていると思います。 800mAhであれば、MW3の2~3時間の録画に対応できます。
後日、Amazon.deで購入したバッテリーパックでのテストが完了したら更新します。