音声・動画記録機能付き小型カメラ

ほとんどのスパイカメラは映像を記録するだけなので、個人は音声も記録できると考えているのですか? 私たちは、イノベーションが進み、限界に近い現実に日々直面していることを実感しています。 音声録音機能付きスパイカメラの最新モデルは、サイズと録音品質にこだわり、スパイ活動の市場は大きく変化しています。

なぜ、音声付きスパイカメラなのか?


音付きスパイカメラが今年も求められている理由はたくさんあります。 いくつかあります。
-職場でのハラスメントをなくす。
– シークレットショッピングと品質管理。
– 脅威から身を守る。
– 不正なパートナーを検出する。
– 承認手続きなどを経験する。
音声付きスパイカメラは、単なる映像証拠では不十分な場合に使用されます。 スパイカメラには、音を録音するというイノベーションがあります。 カメラにはアンプが搭載されており、会話を録音することができます。 また、自宅の安全確保には、保護地域の状況を聞くことが非常に重要であり、不審な音はビデオで追跡することも可能です。 現在、多くの密室用監視カメラには、マイクが内蔵されています。
スパイカメラからの音声録音に関するセキュリティ規制は、国によって異なります。 このように、秘密カメラを導入する際には、レギュレーションに細心の注意を払うことが必須となります。 カメラが自宅に設置されているかどうかに関わらず、相手が何を録画されているか微塵も知らない場合、某国では起訴される可能性があります…。

音声の録音をオフにすることはできますか?


スパイカメラの音声録音は、スマホやPC、タブレットのカメラアプリプログラミングでON/OFFが可能です。 スマートデバイスからカメラにログインして、電源を切るだけです。 やり方は、カメラの電源を入れるのと変わりません。


音域。


スパイカメラの通常の音域は、カメラから4〜6メートル離れています。 つまり、声が十分に聞こえる、とてもよく聞こえるということです。 しかも、ブランドによって表記が異なる。


スパイカメラのマイクは、暗黙的なものと外付けのものがある。


1.現在のWi-Fiカメラ(IPカメラとも呼ばれる)の多くは、マイクレシーバーを内蔵しており、3つの用途で利用されています。
– 動体検知で動画撮影中に音声を取り込む。 音をキャプチャすることで、人がフレームから外れたり、車がフレームから外れたりする口論など、記録されていなかった有益なデータを明らかにすることができます。
– また、音で録画を開始するカメラもあり、動体検知の前に起こる微妙な動きも見逃しません。
– 双方向音声はカメラのスピーカーをラジオのように使うので、IPカメラの近くにいる人と携帯電話で会話することができます。 電話のない親族との会話や、侵入者への警告に便利です。


2.外部マイク。


以前とは正反対です。 ここでは、カメラとマウスピースという2つのデバイスが接続されています。


メリット


音付きのスパイカメラが優れている理由は、特定されにくいこと、そして録音したものをしっかり確認できることです。 また、ビデオ録画も可能です。


Wi-Fiを使わない盗撮カメラ。


このような場合、「某有名企業」と「某有名企業」の2社に分けられる。 しかし、ライブストリーミングやコントローラー、メモが必要ない場合は、Wi-Fiの活用がよりシンプルになります。 録画はローカルの容量で行われ、ハードディスクやミニSDカードが多いようです。
最近では、Wi-Fi対応とWi-Fi非対応のスパイカメラも最新機種が登場しています。 Wi-Fiがある場合は、Wi-Fi接続を確立してスマホ/PCから操作でき、Wi-Fiがない場合は、Wi-Fiなしの旧モデルと同様に録画のみ実行されます。 どちらのシーンでもお使いいただけます。 使用シーンに合わせて1台のカメラを用意することで、将来のニーズを心配する必要がないのがメリットです。
Facebook
Twitter
Pinterest
WhatsApp

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です